重種馬主要系統図(牝系図)

ばんえい競馬で顕著な成績を残した競走馬・繁殖馬を多数輩出した血統の系統図です。

注意事項


系統一覧

オーロラ姫系
平成初期から長きにわたって多くのオープン馬が出ている系統。キリツレディヒカルセンプー姉弟やタケノビジンダイコクパワー
雅勇系
古くは大臣賞馬ハクマサヒカリ。最近ではフクドリやハクバビューティー&ハクバボーイの白毛親子等多くの競走馬を輩出している
紀市系
紀市は名種雄馬カゲイサム・カヤベヒカリと2頭の重賞勝ち馬の母。カヤベヒカリの系統からオイドンハイカラサンと活躍馬が出ている
第五世イデユメーの三系
イデユメの名を引き継ぐ一大牝系の一系統。伝説の最強馬サカノタイソンの他、2010年代なってからもワタシハスゴイダイリンビューティ等の活躍馬を出し続けている
能竹系
能信(タカラフジニユーフロンテヤ等)、トツカワ(ダイヤテンリユウニセコクインヨウテイクイン等)の2頭の繁殖牝馬の産駒たち。昭和末期〜平成初期のばんえい競馬を席巻した「ばんえいの華麗なる一族」
礼旦系
コーネルトップウンカイの2頭のリーディングサイアーや名牝アンローズ等を輩出

[ 重種馬血統研究室に戻る | トップページに戻る ]